赤ちゃんが泣きやむ方法

subpage-img

赤ちゃんが泣きやむ方法にはいくつかあります。



お母さんに抱っこされること、おむつを交換すること、授乳やミルクをあげることなどです。
それでも泣きやまないときは暑い、寒いなどの不快な状態や体調が悪いことも考えられます。


着ているものは最適か、熱がないか、痛がる様子や下痢や便秘などがないか注意深く観察してあげましょう。

特に理由もないのに泣くことがあります。

つまらない、遊んでほしい時などです。
あやしてあげたり、抱き上げることで泣きやむならば注意をひくために泣いていたことがわかります。


しばらく遊んであげるなどして満足させてあげましょう。


夕方になると赤ちゃんが泣きだすことがあります。


これは黄昏泣きと言って詳しくはまだ解明されていませんが、夕方になって疲れが出てくるのが原因ではないかと言われています。同じようなものに夜泣きがあります。
夜中に泣かれると精神的にも参ってしまいますが、抱っこをして部屋の中を歩き回ったり、ドライブに連れて行くことで泣きやむ赤ちゃんも多いので困ったときは試してみましょう。

オンリーワンの幼児教育関連の情報をたくさん掲載しています。

テレビのコマーシャルの音楽や子供番組の歌、ビニールのカシャカシャという音など、お気に入りの音を見つけてあげるのもよい方法です。

激しく泣いているときは、まず気持ちを落ち着けてあげることが必要になります。お母さんがイライラしてしまうとその気持ちが赤ちゃんに伝わって逆効果になってしまいます。

一流の日本経済新聞の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

優しい声と態度で赤ちゃんに接してあげることも大事です。

top