赤ちゃんが泣きやむ方法

subpage-img

赤ちゃんはお腹が空いたりおしっこやうんちをすると泣いて母親に伝えます。
その他に、暑かったり寒かったり、便秘やゲップ不良での腹痛でも泣いてしまいます。
他にも、虫刺されやあせもなどのかゆみでも泣いてしまうので、泣いている理由が分からない方は、赤ちゃんの肌を確かめることで原因が分かるかもしれません。

goo ニュース選びをお手伝いします。

どうしても泣いている理由が分からないという方のために、赤ちゃんが泣きやむ方法をいくつかご紹介いたします。



知っている方がいるかと思いますが、テレビの砂嵐を聞かせることで泣きやませることができます。

この音は、母親のおなかの中にいる時の音に似ているため、落ち着かせる効果があります。
他にも掃除機やドライヤーの音も同様の効果が得られます。

ラジオのシャーという音でも効果があります。


インターネットのユーチューブなどで、胎内で聞こえる音を流すことができるので、スマートフォンですぐに聞かせることができます。口でシーッと言うことでも赤ちゃんを泣きやませる効果があるため、近くにパソコンやスマートフォンがない場合にはおすすめの方法となります。


ビニール袋をがさがさする音が好きなので、ビニール袋を使用することで泣き止ませるも出来ます。泣きやむ方法として、耳や顔に息を吹きかけたり、耳を指でなぞることによって、条件反射で泣き止ませることができます。

泣きやむ方法にベビーマッサージがあります。

多角的な視点から赤ちゃんをだっこの特徴をご紹介する情報です。

一日に15分程度赤ちゃんをマッサージすることによって、夜泣きの予防になります。


top