赤ちゃんが泣きやむ方法

subpage-img

24時間を1日のリズムとして生活している大人と違って、赤ちゃんは2〜3時間おきに睡眠と覚醒を繰り返しています。おなかが減ったり、おむつが濡れているなどの不快な症状があると、言葉をしゃべることができないので、泣いて知らせますが、授乳してもおむつを替えても泣きやむことがないと、困ってしまいます。
赤ちゃんが泣いているのには理由がありますが、うまく眠れないなど大人が理解するのは難しい部分もあります。

そこで、泣きやむ方法を知っておきましょう。


まず、赤ちゃんは静かなところで生活するものというイメージがありますが、おなかの中というのは心臓の音などで意外とうるさいものです。
この音と同じような音を聞かせると落ち着いて泣きやむことがあります。胎内にいたときと同じ音というのは、口で「シューッ」と発音したり、ビニール袋をガサガサやる音、テレビの砂嵐の音が似ていると言われています。

そのほかにも、おなかの中では体を丸くして過ごしていた赤ちゃんを平らな布団に置くと不安を感じることもあるようです。

ジョルダンニュース!はとにかくお勧めです。

おくるみなどでくるんで安心感を与えてあげるといいでしょう。


もちろん、抱っこも有効な方法です。
赤ちゃんの耳の中にやさしく指を入れると、びっくりして泣きやむこともあります。

赤ちゃんが泣きやむの便利な情報を集めたサイトです。

顔に息を吹きかけるなどの刺激もいいでしょう。



泣いていることから意識を離してあげると、他のことに集中するので、おもちゃで遊んであげるなど、個性に合った方法で試しましょう。

top